TOKYO TRIBE観てきました。※ネタバレあり

Sep 04, 2014

TOKYO TRIBE

この前、会社で「TOKYO TRIBE」1000円で見れるけど、観に行く?と先輩から誘われ行ってきました。

TOKYO TRIBEの知識

認知している程度でした。すみません笑
ただ、キャストで今の日本語HIPHOPを代表するメンツが出ていることは予告編でわかっていたので、行きたいなと思っていました。

映画の内容

時代背景は未来のトーキョーが舞台。
何組かのギャング同士で縄張り争いしている社会です。

映画では、鈴木亮平演じる「ブクロWU-RONG」のメラが北海道のラッパー、YOUNG DAIS演じる「ムサシノSARU」の海(カイ)に因縁を持っていてそのある因縁がきっかけで、均衡を保っていたギャング同士が争い始めることになります。

見どころ

何と言っても、今までにないバトル・ラップミュージカルでしょう。
監督は開始5分で人を引きつける園子温監督です。
基本的にはテラー(語り手)の染谷将太がラップ、韻を踏みながらストーリーが展開していきます。もちろん、キャストにもプロのラッパーが数多く出演してますのでその人たちもラップで会話をしています。

あとは、僕は実は朝の連続テレビ小説「花子とアン」のファンなのですが、そこにも鈴木亮平さんが村岡英治役として出演しているのですが、そのときはすごく誠実で真面目。肉体美などを見せることはありません。今回のメラ役とのギャップも要チェックでしょうね。

さいごに(まとめ)

今回、久しぶりに映画を見に行きました。しかも僕が原作を知っていた(軽く)ということもあり、なかなか入り込めました。映画の中では原作を書いた井上三太さんも出演しているのでこれから見る方はチェックしておいてください。ちなみに僕はまさかのトイレを挟んでまして見れませんでした。園監督の次回作「新宿スワン」も原作を知っているので今度はそっちも観たいと思います。