npm-check-updatesでpackage.jsonを初めて更新したときのやり方

Oct 17, 2016

npm-check-updatesでpackage.jsonを初めて更新したときのやり方

知り合い方の勉強会があったときにGreenkeeperがいいよー!勝手にプルリクしてくれるし!って言われて僕もやりたいなと思ったら、Bitbucketには対応してなかった。。

このときのスペック

  • ・Bitbucketを使用
  • ・Macを使用
  • ・Node.js導入済み

Bitbucketでも、Bitbucketでもできるやつはないのか!?
って探していたところ、

ありました

npm-check-updates

今回はこのnpm-check-updatesの導入したのでそのフローを説明します。

npm-check-updatesをインストール

まず、ターミナルを開いて、

$ npm install -g npm-check-updates

で、グローバル(おおもと)にインストールします。
これで$ ncuというコマンドが使えるようになりました。

豆知識: ncuってnpm-check-updatesの略ですね。

バージョンアップされたパッケージの確認

じゃあ、どんだけバージョンアップされているパッケージがあるのかを確認してみよう!cdコマンドでpackage.jsonがあるディレクトリまでいって下記のコマンドを打ってください。

$ ncu

これをEnterで実行すると

$ ncu

 jquery ^3.1.0 → ^3.1.1
 typings ^1.3.3 → ^1.4.0

Run with -u to upgrade your package.json

こんな感じで出てで、あーこれだけ新しいのが出ているんだなーってのがわかります。

で、次は確認するだけじゃあれだから、アップデートしようよ。ってことになります。

package.jsonをアップデートしようよ。

次は新しいパッケージにアップデート作業しましょう。下記のコード打って終わりです。

$ ncu -u

Enter押すと

  $ ncu -u

 jquery ^3.1.0 → ^3.1.1
 typings ^1.3.3 → ^1.4.0

Upgraded /パス/package.json

ってな感じのが出たらpackage.jsonが更新されていると思います。

終わったぜー!
いえーい!

とはなりません。まだ。

この状態だとpackage.jsonと実際のパッケージに差異が生じていますので 実際のパッケージの方もアップデートしてあげないといけません。

$ npm update

これで、実際のパッケージも更新されたので今度こそ
終わったぜー!いえーい!
てなことになります!

まとめると

最速でパッケージを更新したければ下記の流れでOKなのではないでしょうか。

$ npm install -g npm-check-updates

して、package.jsonのディレクトリまで行って

$ ncu -u

して、

$ npm update

以上!
あざした!!