WordPressのキャッシュプラグイン WP Fastest Cache に大満足。

May 11, 2017

どうも奥田(@o9n)です。
これまで頑なに遅いと言われようが、PageSpeed Insightsで点数が悪かろうがキャッシュプラグインを入れてきませんでした。

が、

入れたらかなり幸せになれたので紹介しようと思います。(僕はアホやった)

WP Fastest Cache入れててほんとによかった!

かなり激速になりました。

まず導入の仕方を教えますね。

WP Fastest Cacheのインストール

管理画面から「WP Fastest Cache」と検索してもいいし、WordPress.orgのサイトからでもいいからダウンロードしてきます。そして、しれっと「有効化」してください。

はい、基本これでおしまい。次に設定していきます。

WP Fastest Cacheの設定

WP Fastest Cacheの設定します。

まずは、languageを母国語の「日本語」に変更してなんて書いてあるのかわかりやすくしましょう。

WP Fastest Cacheのチェック画面

日本語になったら上のチェックボックスのチェックを入れていくだけ。
基本は全部チェック入れてもいいと思います。

って僕も疑り深い人間なので、ほんとか!?ってなるけど、意味を理解しながらチェックしていくと僕自身すべてチェックしてました。

1点気になるところと言えば、
モバイルユーザーに対してキャッシュを表示しない」ってところ。
これはチェックしなくてもいいサイトもあると思います。

というのも実はこれ、最初僕、チェック外してたんですね(だってモバイルもキャッシュしたいじゃん)。ですが、どうやらWordPressのPCとSPの条件分岐のところがうまくキャッシュできてなくておかしな表示になってたのでやむなくキャッシュしないにチェックしたんですよ。(むしろ、SPのためにこのキャッシュプラグイン入れたのに!)
なのでみなさん、1回キャッシュして問題なければキャッシュしたままでもいいんじゃないかなと思います。普通に。

で、ちょっと話逸れましたが、これで設定保存すれば完成!実に簡単!

チェックした通り、新しい投稿や、記事を更新したときはキャッシュはクリアされます。
それ以外でキャッシュを消したいときはキャッシュクリアのボタンを押せばキャッシュは消えます。CSSやJSを編集したときはキャッシュクリアした方がいいかもしれませんね。

WP Fastest Cacheのキャッシュ消す画面

さぁ、ブラウザでチェックしてみましょう!早くなっているはずです!