[HTML] 特殊文字コード・16進法 一覧

2017/11/19

この記事は2017年12月02日に更新されました。

よく使う特殊文字コードを数値文字参照と文字実体参照とでまとめてみた。

特殊文字 表示 16進法 名称
    \020 半角スペース
< &lt; \03c 小なり
> &gt; \03e 大なり
& &amp; \026 アンド
&#12306; \03012 郵便マーク
&#9312; \02460 マル1
&#8544; \02160 ローマ数字1
&lowast; \002a アスタリスク
&#9675; \25cb 白マル
&#9679; \25cf 黒マル
&#9733; \2605 星マーク
&#9002; \232a 全角大なり
© &copy; \a9 コピーライトのマーク

特殊文字コード、数値文字参照と文字実体参照

この2つどのように使い分けるのか。それはフロントエンドなら疑似要素(::before::after)で使うかどうかでわけてよいと思う。

上の表の「表示」の見出しの部分が普通にDOMに書いて使う用、疑似要素で使うなら16進法」の文字を使うって感じ。具体的には16進法をちょっといじった感じなんだけど。
「表示」の文字コードを疑似要素のcontentに書いてもそのまま出ちゃうので注意。