wwwあり wwwなしの統一をhtaccessで設定する方法

Dec 22, 2013

wwwあり wwwなしの統一をhtaccessで設定する方法

サイトにはwwwありとwwwなしのものが存在しています。
これをどちらかに統一することで
SEOなどの観点からメリットがあります。

今回はそんなwwwありとwwwなしの設定方法を
htaccessを使って備忘録も兼ねて説明したいと思います。
原理的にはhtaccessでwwwありなしをリダイレクトで
制御しましょうということです。

htaccessでのwwwありとwwwなしの設定

とりあえず、htaccessに下記のソースをコピペすれば制御完了です。(URLはちゃんと変えてくださいね。)

「http://sample.com」を例としてhtaccessでの設定方法を書いていきたいと思います。

wwwありに統一

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sample\.com
RewriteRule (.*) http://www.sample.com/$1 [R=301,L]

wwwなしに統一

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.sample\.com
RewriteRule (.*) http://sample.com/$1 [R=301,L]

はい、以上です。

ちなみに

このリダイレクトとは別にソースコード上に直接埋め込む
canonical設定もあります。こちらについては
SEO対策で用いるcanonicalの設定方法」という記事で以前書いています。
htaccessとcanonical設定の2つを行っていればひとまず
統一に関しては問題ないでしょう。