【Google Analytics】gtag.jsでのイベントトラッキングのやり方

Google Analytics、gtag.jsでのイベントトラッキングのやり方

Google Analytics のイベントトラッキングの方法がgtag.jsになって変わっていたのでまとめたいと思います。

gtag.jsのイベントトラッキング

この書き方はGoogle Analyticsの書き方がこのような書き方の場合の書き方です。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxx-x"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-xxxxxxxx-x');
</script>

この書き方でGoogle Analyticsを書いている場合、イベントトラッキングはこのように書きます。

gtag('event', <action>, {
  'event_category': <category>,
  'event_label': <label>,
  'value': <value>
});

詳しくはここで!

ただ、このままだとわかりづらいので実際にはこんな書くといい。
click<action>link<category>label<label><value>は必要なかったら省略。この場合省略。

<a href="" onclick="gtag('event', click, {'event_category': link, 'event_label': label});"></a>

まとめ

これで完了!確認方法は今はGoogle Analyticsにリアルタイム機能があるので実際そこで確認してみてください!

Kouki Okuda (ocws)サービス作りたいフリーランス / フロントエンドエンジニア / 👦お仕事募集中👦⇒⇒⇒ WordPress / EC / React / Vue / Laravel / SEO / MEO / Webマガジン運営 http://hanzou-magazine.net
https://ocws.jp